スポンサーサイト

0
    • 2017.06.20 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    中国人元慰安婦による証言が映画化★この映画について評論家の黄文雄氏は「信憑性は薄い」と指摘する…の巻

    0



      慰安婦関連資料のユネスコ世界記憶遺産登録を推進する中国が、プロパガンダを活発化させている。

      そうしたなか、中国人元慰安婦による証言が映画化され、昨年から日本各地で上映会が始まった。

      一体どのような内容なのか。




      《(山西省の日本軍の駐屯地の)真っ暗なヤオトン(中国式の横穴住居)に監禁され、用をたすときだけ外に出られました。食べていないので何も出ないが、外に出たいのでトイレに行って背をのばす。太陽の光がほしかった》

      現在、上映中の映画『太陽がほしい「慰安婦」とよばれた中国女性たちの人生の記録』のパンフレットにはこんな証言が掲載されている。

      映画は在日中国人の班忠義監督が20年かけて製作し、著書『声なき人たちに光を 旧軍人と中国人“慰安婦”の20年間の記録』の刊行と同時に全国で上映会が行われてきた。

      これらの作品には多くの「中国人慰安婦」が実名で登場。

      映画では11名が証言し日本兵を糾弾するが、その内容には疑問符がつく。

      例えば冒頭の証言をした劉面換さんは16歳の時、山西省で日本兵と漢奸(日本軍の手先の中国人)に拉致され、ヤオトンに監禁され何度も強姦されたというが、彼女のことを「慰安婦」とは言い難い。

      慰安婦は戦時下における「公娼」だが、この時期の山西省に公的な「慰安所」はなかったと考えられる。

      今回の映画と本では、山西省出身の多くの中国人女性が1942年ごろ強制連行されたと主張するが、評論家の黄文雄氏は、「信憑性は薄い」と指摘する。

      「盧溝橋事件の翌38年、蒋介石最大のライバルの一人である閻錫山の山西省臨時政府が成立すると、日本軍の大部分は山西省から離れた。また、41年に大東亜戦争が勃発すると中国にいた日本軍は大挙して東南アジアへ移動し、山西省では中国共産党の八路軍によるゲリラ活動が活発になった。この時期、日本軍が組織的に当地で婦女を連行して慰安所を開くなど考えられない」

      『月刊中国』主幹で中国から帰化した鳴霞氏も同じ見解だ。

      「中国共産党系の河北人民出版社が97年に発行した『近代中国娼妓史料』には、戦時中に中国国民党軍の支配下にあった各地の慰安所の様子が詳しく書かれています。この学術史料は上下巻数百ページに及び、山西省・太原にあった娼館の記述もありますが、日本軍の慰安所に関する記述は皆無です。この地域で日本軍が組織的に女性を連行し、暴行した事実があれば、この史料に記載があるはずです」

      以上のことから、山西省で発生したのは、現地の漢奸と結託した日本兵が「私的」に犯した性犯罪と考えられる。

      慰安婦問題に詳しい明星大学の高橋史朗教授が指摘する。

      「戦時下の暴行や強姦は女性の尊厳を踏みにじる許されざる行為ですが、軍による強制連行や慰安婦制度とは区別する必要がある。これを混同すると、“日本軍が組織的に中国女性を強制連行して強姦した”という誤解が生じます」

      班監督の作品では、数名の日本兵が過去の蛮行を告白。

      例えば衛生兵だった人物は中国人を「性奴隷」にした日本の「ごろつき兵隊」についてこう述べている。

      《こういう連中がいわゆる「戦果」をあげるのである。中国の人たちを捕らえること、捕らえた者を殺すこと、女であれば犯すこと、そういうことを、ちょうど猟師が獲物をしとめたときに覚えるような快感をもってやる》

      元衛生兵は様々な媒体で同様の証言をしている。

      ところが14年10月、在米日本人と米国人ジャーナリストが元衛生兵を直接取材すると、彼は大要、こう主張したという。

      《日本兵による強姦や殺人を直接目撃したことはない。すべて伝聞だ》(『Will』2015年1月号より)。




      ◆「この映画を中国で上映したい」

      これでは映画の信憑性を疑われてしまうのではないか。

      映画に登場する湖北省の袁竹林さんの証言も検証しよう。

      16歳で出産し、貧しい生活を送っていた彼女は近所に住む張秀英という中国人女性に「旅館の仕事をしないか」と騙されて湖北省の町・鄂城に行き、「慰安所」に入れられた。

      当地では張秀英に監視され、「まさこ」という名前で客を取らされたと証言している。

      《(湖北省の「慰安所」では)妊娠したときは「紅花」という薬を飲まされました。そのあとお腹からどろどろの血が流れます。すると、体から力が抜けて、顔が黄色く痩せます。そんなことがあって、私は子どもを生めない体になってしまいました》(胡散臭い映画パンフレットより)

      先の劉さん同様、読む者に「日本兵はひどい」という印象を与える証言だ。

      しかしよく読むと、袁さんに薬を飲ませたのは中国人とみられる慰安所のオーナーであり、敷地外に出た彼女に暴力をふるったのも同じオーナーだ。

      そればかりか、「藤村」という将校が袁さんの傷を見てオーナーを怒鳴りつけ、後に彼女を慰安所から救い出したという。

      (SAPIO発)

















      中国人は韓国人並の嘘つきだな!

      こんなデタラメを世界で上映するな!

      むしろ、チベットやウイグルでの人権侵害を映画化しろよ!

      現在進行形での人権侵害行為を!



      ブー(^0_0^)




      (^0^)/(^0^)/





      リベンジポルノを誘発する「裸画像」の撮影を許す女子中高生の心理…の巻

      0



        デートDV防止に取り組む認定NPO法人「エンパワメントかながわ」のインターネット調査で、回答した10〜20代の女性の3割が、恋人や知人らから「裸や性行為の画像を撮らせてほしい」と頼まれた経験があることが19日、分かった。

        性的な画像提供は、報復目的で流出させるリベンジポルノの被害につながる危険がある。

        全国の警察に寄せられたリベンジポルノに関する相談は昨年1年間で1143件で約6割が20代以下だった。

        同法人の阿部真紀理事長は「性的画像をやりとりすることの心理的ハードルが下がっている」と警告している。

        確かに携帯電話にカメラが付いたり、安価で精巧なカメラが広く流通した現在は、気軽に撮影したり、撮影を依頼しやすくなってしまっている。

        「今の女子中高生の中には、自分から交際相手に裸の画像を送りつける子もいる。若さならではの『他の女をオカズにするなら自分を使え』という心理のようです。男もこれを利用して『お前の裸の画像をくれたら他のエロ動画は見ない』『他で浮気しないようにお前とやってるところを撮影したい』などと言って説得するんです」(胡散臭い出版業界関係者談)

        理解に苦しむところではあるが当然、そうした画像はトラブルを誘発する危険性を存分にはらんでいる。

        「中高生ぐらいの純粋さだと、今付き合っている相手とは『一生一緒にいる』と思いがち。別れた後のことを想定しないから、秘密の画像も『愛の証し』になってしまい、その危うさに気付きにくいんです」(前出の胡散臭い関係者談)

        生きていれば多少なりとも、信用している相手に裏切られることはあるものだが、若年層には想像しにくい部分もある。

        取り返しのつかない事態を防ぐためにも、女性側も慎重にならなくてはいけない。

        (東スポ発)

















        結論:裸は写真に撮らない、撮らせない、残さない。

        ネットに流出したら、永遠にネット世界のどこかに存在し続けるぞ。

        未来永劫、世界に裸を晒すことになるぞ。

        だから未成年女子よ、裸の写真は断固拒否されたし!

        自撮りも控えよ!



        ブー(^0_0^)




        (^0^)/(^0^)/





        「韓国に恩返し」?★石平太郎氏が舛添要一氏の弁解を批判する!★韓国が東京都民に一体何の「恩」があるのか?…の巻

        0



          21日、評論家の石平太郎氏が、自身のTwitterアカウントで、舛添要一東京都知事を痛烈に批判した。

          東京都は、韓国人学校の増設に向け、新宿区にある都有地を韓国政府に貸し出す方針を打ち出した。

          これには「保育所の整備など都民のために使うべきだ」と、批判が殺到しているそう。

          韓国人学校に貸す都有地をどうして保育園整備に使わないのかとの批判に対し、舛添都知事が「恩返し」と言って弁解する。



          ※※しかし韓国がこの日本に、あるいは東京都民に一体何の「恩」があるのだろう。これから東京都民が保育園落ちてどうしても「◯◯死ね」と書くなら、舛添さんの名前を入れるしかない。
          石平太郎 (@liyonyon)2016年3月20日



          石平氏は投稿で、韓国について「恩返し」と弁解する舛添知事に対して「しかし韓国がこの日本に、あるいは東京都民に一体何の『恩』があるのだろう」と、疑問を呈している。

          さらに石平氏は「これから東京都民が保育園落ちてどうしても『◯◯死ね』と書くなら、舛添さんの名前を入れるしかない」と、待機児童問題を告発したブログをなぞり、あたかも「舛添死ね」と言わんばかりの、痛烈な批判に及んでいる。

          (トピックニュース発)
















          その通り!

          舛添死ね!だな。

          帰化人舛添要一が、同胞のために都民の税金をばらまいて恩返しだと。

          フザケンナ!ヽ(`Д´#)ノ

          自分の貯金を全部引き下ろして、その金でやれよ!

          都の金では保育所作れ!

          暴走独裁者の舛添要一を野放しにするな!

          舛添なんぞ岩牢に幽閉しろ!

          そこでヒカリゴケでもかじりながら、自家製トンスル飲んで生きながらえよ!

          舛添要一はいらない!

          日本にはいらない!(σ`д°)べ〜



          ブー(^0_0^)




          (^0^)/(^0^)/





          劇団員殺害事件で不動産業者「安心物件」に困惑…の巻

          0



            東京都中野区の自宅マンションで劇団員加賀谷理沙さん(25=当時)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された戸倉高広容疑者(37)が「LINEを交換しようと声を掛けた。加賀谷さんが部屋に入った後、すぐに自分も入った」との趣旨の供述をしていることが15日、分かった。

            胡散臭い捜査関係者によると、戸倉容疑者は「加賀谷さんを知らなかったが、事件直前に見掛けて後をつけた」と供述。

            マンション2階の廊下で声を掛けたという内容の説明をしている。

            戸倉容疑者は事件当時、現場から約300メートルの場所に住んでいた。

            今回の事件を受けて困惑しているのが、新入学・新社会人の部屋探しで繁忙期の不動産業者だ。

            「容疑者が逮捕されてから、問い合わせでも、女性のお客さんやその親御さんから『安全なエリアはどこか』『安全な物件はどれか』とよく聞かれるようになりました。正直、どんな所でも、事件が起こる可能性はあるので、うかつに『ここなら安全』とは断言できず困っています」(都内の胡散臭い不動産業者談)

            たしかに、都内で新生活を始めるにあたって、治安の悪そうな場所は避けたい。

            「警視庁が発表している犯罪発生率などからある程度は絞り込めるでしょうが、当然ゼロの地域はない。治安に関してよく言われるのは『駅から近すぎず遠すぎず』『警察署や交番の近く』『管理人や大家が常駐している』などですが、それでも必ず安全とは言い切れません」(前出の胡散臭い業者談)

            オートロックの物件でも、同じマンションの住民に危害を加えられる事件はこれまで何度も発生している。

            もちろん「住みたい街」ランキング上位の街でも痛ましい事件は起こっている。

            「今回、事件が発生した中野新橋周辺だって新宿に近い割に家賃が安く、キャバクラ嬢や学生に人気。中国人が多く、治安が悪そうなイメージの蒲田周辺も、羽田空港に近いのでキャビンアテンダントが多く住んでいたりする。どの町にだって、良い部分悪い部分はあるので、家賃との兼ね合いをみて純粋に住みたい街を選べばいいと思います」(前同)


            自分の身は自分で守るしかないとはいえ、最終的にはある程度、割り切るしかない。

            (東スポ発)















            埼玉は、どこへ住んでも埼玉レベルの治安。

            右も左も、みんな埼玉レベル♪



            ブー(^0_0^)




            (^0^)/(^0^)/





            北朝鮮メディア「米帝との全面戦争に徹底的に準備してきた」と米韓を威嚇★米国に勝つつもりマンマン!…の巻

            0



              北朝鮮が、米韓合同軍事演習への反発、または武力示威として短・中距離弾道ミサイル発射を強行するなか、国営メディアの労働新聞は21日、論説を通じて米韓を威嚇した。

              朝鮮中央通信は、労働新聞に掲載された署名入りの論説「敵の軍事的挑発狂気は臨終に至った者の断末魔のあがき」を紹介。

              論説は、米韓が「歴代最大規模の連合上陸訓練を開始し、上陸艦船と攻撃手段を投入して火薬のにおいを漂わせた」と指摘しながら、「われわれは、米帝との全面戦争に徹底的に準備してきたということを隠さない」「われわれの革命武力は最強であり、国のすべての所が要塞化された」と主張した。

              さらに、「われわれの打撃は、敵の心臓部に飛ぶ虎のように駆け付けて突き刺す鋭い匕首であり、大敵を一気に崩壊へ追い込む火の嵐である」と強調した。

              (デイリーNKジャパン発)
















              口だけ番長の北朝鮮。

              本気でアメリカと戦争する気はあるまい。

              米軍に瞬殺されるから。それは、わかりきったことだから。

              それでも吠えるかりあげ君。

              背伸びしたい年頃なのか?

              かりあげ君の悪あがきがどこまで続くか、みものだブー(^0_0^)


              まあ、がんばってやってみ〜!!(^-^)ノ~~




              ブー(^0_0^)




              (^0^)/(^0^)/




              滅亡を急ぐ破滅型人生を生きるかりあげ君





              左派勢力が台頭する日本メディアの“マスゴミ”化に中国人が警鐘…の巻

              0



                こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。

                2016年3月1日、国会上で高市早苗総務大臣による放送局が偏向的な報道を繰り返した場合、電波停止の可能性もあり得るという発言を受け、田原総一郎、岸井成格ら7人のジャーナリストが記者会見を行いました。

                彼らは高市大臣の発言は放送法に反すると述べ報道の自由を訴えました。

                今回の記者会見に参加したジャーナリストたちは、いずれも現在の安倍晋三政権に対し批判的な立場をとっていることは、以前からネット上などで指摘されています。

                公共の電波上で偏向的な意見を述べる彼らが報道の中立性を求める姿に、僕は大きな矛盾を感じました。




                ■意図的に一部の発言を抜き出し悪印象を植え付ける手法

                他にも日本の報道番組を見ていると違和感が生じることが多々あります。

                2016年3月13日、参議院選挙に向けた自民党の大会上で安倍首相が「選挙のためなら何でもする、誰とでも組む民主党・共産党の選挙協力。こんな無責任な勢力に負けてはいけない」と、選挙対策のために統合を繰り返す野党を批判しましたが、当日に日本テレビ系で放送された「NNNストレイトニュース」では、「選挙のためなら何でもする」という部分のみが大きなテロップで表示されました。

                発言の真意を知らない人は、まるで安倍首相が強硬な選挙対策を行っているかのような印象を持ったでしょう。

                今回の報道に対し日本テレビ側は、後番組で安倍首相の言葉を正確に描写したテロップを流し謝罪を行いましたが、当然の対応だと思います。

                このような自民党議員の発言の一部を抜き出し、悪印象を植え付ける手法は各メディアで行われます。

                例えば16年2月に丸山和也参院議員が、アメリカのオバマ大統領に対し「奴隷の子孫」と発言したことは大きな問題となりましたが、あの発言の真意は「差別階級の子孫が大統領まで上り詰めた」というアメリカ社会の可能性を賞賛するものだったのです。

                メディア側の偏向的な報道は時に大きな矛盾を生み出します。

                テレビ朝日系「報道ステーション」16年2月11日放送回では、日本で円高、株安が進行している原因をマイナス金利の導入と断定し、将来的な経済破綻を予想していましたが、この時の円高、株安は中国や欧州の経済低迷が原因となったもので、日本国内の金融政策はなんら関係がなかったのです。

                しかも報道ステーションは、日本の円安、株高が進行している時期に「実体経済とは無縁」、「急激な円安は経済低迷を招く」という内容の放送を行ったことがあります。

                この番組は現政権を批判するためなら、論理の破綻すらいとわないのでしょうか。

                2011年7月、中国の温州市で高速鉄道の衝突事故が発生した際、国内メディアは事実隠蔽のために事故を伝える報道をほとんど行いませんでした。

                当時中国に住んでいた僕は、ネットを利用し日本の報道番組を視聴することにより、重機が車両を埋める様子や正確な被害者数を知ったのです。

                当時の僕は日本のメディアの透明性に大いに感心し、「マスゴミ」などというメディア報道を揶揄する日本のネットスラングは、偏狭的な一部の右派層だけが使っている言葉だと思っていました。

                しかし、訪日後に日本の新聞や報道番組を長時間閲覧するうちに、特定の政党に対する執拗な批判、安保改正法案における偏向的な報道体制、市民団体に対する過剰な擁護など、一見中立的立場に見える日本のメディアの多数が、左派・リベラル的な姿勢をとっていることを悟ったのです。

                例を挙げると、著名人が発する安直な平和理論は新聞やテレビで大々的に紹介されますが、愛国、保守的な著名人の言動は積極的に取り上げられません。

                2015年に発表された「ユーキャン新語・流行語大賞」では、「SEALDs」、「戦争法案」、「アベ政治を許さない」、「自民党感じ悪いよね」など、現政権に対し批判的な言葉が候補として数多く選ばれました。

                流行語大賞の選考委員に3月1日の記者会見に参加した鳥越俊太郎、徹底した護憲派で知られる政治学者の姜尚中ら左派系言論人が多数参加していることから、この賞の思惑は明らかです。

                記者会見で自分たちが迫害されていると訴えたジャーナリストたちですが、新聞や報道番組を見ると、日本のメディアは彼らの意見に支配されているとしか思えません。

                僕は日本のメディア関係者には、単純な反戦思想や政権批判ではなく、政治的中立性を持った報道を行うことを期待します。

                (デイリーニュースオンライン発)














                リベラルは左巻きばかり。

                マスゴミは中立やる気なし!

                報道を左巻きプロパガンダにすることに専念するやつら。

                だから、もう誰もマスゴミの報道を信じない。

                反射的に疑ってしまう。

                それくらい信用がない。

                だから、マスゴミと呼ぶしかないのだ。


                呼ぶしかないのだ!\(^O^)/



                ブー(^0_0^)




                (^0^)/(^0^)/





                大御所芸人の世田谷区議が暴走!★議会で「清原ネタ」を大方言!★批難される前に自ら議事録や録画動画を削除させる!…の巻

                0



                  元プロ野球選手・清原和博被告(48)が保釈されたその2日前、大御所タレント議員が議会で清原覚醒剤事件に触れ、あろうことか有名人と薬物にまつわる狷髪蕾餃瓩魍催。

                  非難される前に不適切な発言箇所を議事録などから削除していたことが、本紙の取材で分かった。

                  現役最古のベテラン漫才コンビ「青空球児・好児」のツッコミ担当で、東京・世田谷区議の青空こうじ議員(72)だ。

                  その問題発言の全文を独占入手した――。




                  さる15日、世田谷区議会の予算特別委員会で福祉保健委員会所管質疑が行われた。

                  現役区議4期目のベテラン・青空議員は、薬物の乱用について質問。

                  保健所に取り組みの内容を尋ねる前フリで、一昨年1月19日、山形新幹線のグリーン車で遭遇した清原被告について突如語り始めた。

                  パチンコの営業で山形方面へ向かっていた清原被告は、4つの席を1人で占拠。

                  それも「土足のまま靴のまま、足を席に置いて」いたという。

                  「テーブルの上に、お弁当からお菓子から、お酒が入ったのとかいっぱい置いてあって、下にもなんかゴミゴミしていて…」と、そのすさみようを振り返った。

                  区議会がホームページで公開している会議の録画動画を見ると、この直後の発言は削除されている。

                  「本人が『不適切な表現であったため』と委員会に取り消しを申請。翌16日に許可が出て、議事録と録画から丸ごと削除されたんですよ」と声を潜めるのは胡散臭い区議会関係者だ。

                  「文字数にして約800字」というその発言内容とは?

                  「およそ予算質疑とは程遠く、多くの議員が爐修鵑覆海範辰靴討いい里?瓩箸いκ薫狼い、芸能界裏話レベルの放言・失言のオンパレード。人権問題にもなりかねない内容だった」とは傍聴した区民。

                  本紙は削除箇所の全文をキャッチ。

                  青空議員はこんなネタから切り出した。


                  「歌い手さんの中では、ASKAさんとか、それから美川憲一とか、清水健太郎さんなんかも4回捕まっています。美川さんも3回捕まっています」


                  ちなみに美川憲一(69)と清水健太郎(63)の薬物逮捕の回数は共に間違い。

                  次に触れたのが、清原初公判は傍聴席が42しかないという話題だ。

                  酒井法子(45)やASKA(58)の初公判で傍聴券の抽選に並んだ人数を示し、青空議員は「清原さんのときは計算できないぐらいいっぱい傍聴したい人がいるようなことを言っていましたけれどもね」と話した。

                  そして、過去に息子が覚醒剤事件を起こした地元・世田谷在住の三田佳子(74)を暗に批判。

                  「薬物というのは本当に、女優さんの中でもどういうわけだか、タレントさんのお子さんというのは、自分の子供の面倒をみていないのか分からないんですけれども、お金で済ましちゃうわけですよね、お金をあげて」

                  大放談はまだ続く。

                  「田代まさしさんもあんなことやらなきゃいいのに、薬だけじゃなく、写真を撮ったり、いろんな方がいます。本当に芸能界というのは、昔は出演料がなくてもヒロポンをくれればいいといったぐらい、いろんな薬があるわけですよね。大昔はアヘンとか、ヒロポンとか、ヘロインとかいろいろあるんです」

                  また「本当に薬物というのは、よくモデルさんだと痩せられるとか、頭がよくなるとか、本当にセリフがすぐ覚えられるとかというので、みんなやったりするんですが…」という別の発言箇所も削除した。

                  ベテラン漫才師らしく、質疑の締めくくりも清原ネタのブラックジョークだ。

                  「今回も清原さんが問題になってますけどねぇ。あの方、以前に薬物のキャンペーンをやったことあるんですよねぇ。キャッチコピーが…あの頃はちょうど西武ライオンズでした。『覚せい剤うたずにホームラン打とう』。結果が、どちらも打ってしまった」


                  その模様は録画動画で公開されているが、他の区議たちからは失笑の嵐だった。

                  (東スポ発)
















                  議会でやる話じゃなかった。

                  お笑いライブでやるがよい。

                  72歳、自制心が喪失しとります。



                  ブー(^0_0^)




                  (^0^)/(^0^)/





                  韓国人学校に都有地貸し出しで都庁に批判殺到!★1日で300件★「保育所整備に使って」「外交より都民優先を」…の巻

                  0



                    韓国人学校の増設に向け、東京都が新宿区にある都有地を韓国政府に貸し出す方針を打ち出したことが、議論を呼んでいる。

                    舛添要一知事は「ソウル市は姉妹都市であり、協力し合うのは非常にいいこと」と自賛するが、都庁には「保育所の整備など都民のために使うべきだ」と反対意見が殺到。

                    自民党の都議も「なぜ外交が優先されるのか」と首をかしげる事態になっている。




                    「知事の暴走・選挙公約違反」

                    発端は16日、韓国人学校の増設用地として、平成21年3月に閉校した都立市ケ谷商業高校の跡地(新宿区矢来町)約6千平方メートルを有償で貸し出す方向で、韓国側と具体的な協議に入ると都が発表したことだ。

                    「1億総活躍社会」の実現に向け、政府が待機児童対策などに注力する中での突然の表明に、ある自民党都議は「知事選で子育てや福祉の充実を訴えながら、なぜ福祉施設の整備に使わないのか。知事の暴走だ。竹島の問題もあり、とても容認できない」と不快感をあらわにする。

                    別の都議も「区内には都有地が少ない。1千平方メートルあれば、100人規模の保育所を整備できる」と話し、今後の対応を検討するという。

                    また、都庁には発表からわずか1日余りで、約300件の意見が寄せられ、大半が「なぜ韓国人学校なのか」「外交より都民を優先すべきだ」と批判的だったという。

                    都によると、韓国人学校の敷地探しは、舛添知事のトップダウンで進められた。

                    世界の主要都市と友好を深める「都市外交」の一環で、舛添知事が26年7月に友好都市のソウル市を訪問した際、面会した朴槿恵(パク・クネ)大統領から「首都圏には韓国学校が1つしかない」と要請を受け、舛添知事が「全力で協力したい」と快諾したことがきっかけという。

                    跡地は現在の東京韓国学校(同区若松町)から約1キロと近く、来年4月以降は使途が決まっていないことから“白羽の矢”が立った。

                    舛添知事は18日の定例会見で、ソウル市にある日本人学校が老朽化に伴い、22年に新校舎に移転した際、同市が用地売買を斡旋(あっせん)したエピソードを紹介し、「こちらもお世話になった。恩返しでやる」と意義を強調。

                    反対意見については「いろんな声があるのは当たり前。政策判断、私の判断でやったこと。保育所について、何もやっていなければ別だが、きちんと取り組んでいる」と強調した。(←嘘つけ!)

                    一方、待機児童対策の現場を担う新宿区の反応は複雑だ。

                    保育所整備の担当者は「新宿は外国人も多く、国際協力としての都の決定も理解はできる」としながらも、韓国政府への貸与について「寝耳に水。それなら使わせてくれればよかった」と吐露する。

                    区によると、昨年4月時点の待機児童は168人。

                    跡地周辺は近年マンションの新築が相次ぎ、今後の保育需要が見込まれるとして、保育所の重点整備地域に設定している。

                    跡地は現在、都教委から区教委に貸し出され、校舎改築中の区立小学校が仮校舎として利用しており、区は昨夏、都教委の担当課に保育所整備用地として借りたいと申し出たが、「要望を受ける窓口がない」と受け付けてもらえなかったという。

                    舛添知事は会見で「新宿区からそういう話は聞いていない」と語るだけだった。(←舛添が受け付けるなと指示を出してたな?)




                    【東京韓国学校とは】

                    学校法人東京韓国学園が運営する都内にある唯一の韓国人学校で昭和30年に認可された。

                    大使館員や韓国企業の駐在員らの子供が通う。

                    学校教育法の規定に当たらない「各種学校」で、民族教育や語学教育に力を入れている。

                    初等部(定員720人)と中高等部(同720人)が併設されている。

                    (産経新聞発)

















                    ゴルゴ13を雇いたくなった。

                    お金ないけど。( ̄皿 ̄)

                    舛添要一、都民のために働かず、朝鮮人のために税金を浪費するハゲ男よ!

                    きさまは日本の敵だ!

                    在日やら帰化人は、権力を手に入れると本性を露わにする。

                    日本人を蔑ろ、朝鮮人優遇、露骨にこれをやってくる。

                    ぶたくそ悪いぞ、舛添!ヽ(`Д´#)ノ



                    結論:新宿区にある都有地には、保育所を作れ!

                    待機児童解消に努めよ!(=°ω°)ノ



                    ブー(^0_0^)




                    (^0^)/(^0^)/






                    朝日新聞が慰安腐強制連行の虚偽を認めた影響か★教科書の慰安婦記述に改善の流れ…の巻

                    0



                      日本軍による強制連行を強くうかがわせる書きぶりが毎回問題となる慰安婦の記述。

                      今回も検定すれすれの記述で合格した教科書がある一方、自発的に現行本から慰安婦の記述を削除したり、強制性を弱めるケースもあり、一定の改善の流れがみられた。

                      慰安婦を取り上げたのは、日本史と世界史計27冊中11冊と、現代社会など公民計15冊中3冊。

                      実教出版の日本史Aは、「アジア各地でさまざまな強制によって集められ、日本兵の性の相手を強いられた女性」とし、強制連行を強くうかがわせる記述で合格した。

                      その一方、同社の現代社会では、これまで記載していた慰安婦の記述を削除し、潮目が変わりつつある状況もうかがわせた。

                      清水書院の日本史Aも、現行本で「女性の中には、日本軍に連行され、『軍』慰安婦にされる者もいた」としていた記述を、今回は「植民地や占領地で集められた女性たちが、慰安所に送られることもあった」と改め、日本軍による強制連行説を薄める書きぶりとなった。

                      清水書院の担当者は「『軍』慰安婦という表現の仕方が、高校生や先生にとって文章の意味を読み取りにくいものになっていると判断した」としている。

                      改善の流れの背景には、朝日新聞が平成26年8月、慰安婦強制連行の証言を虚偽と認めて関連記事を取り消したことや、政府の検討チームが同年6月、「強制連行を直接示すような資料は発見されていない」と確認するなど、情勢の変化がある。

                      文科省も今回の検定で、誤解を与える記述がないよう、より慎重になったようだ。

                      現行本で許容された記述を精査し、検定意見を付けるケースもあった。

                      (産経新聞発)















                      事実を歴史にしただけ。

                      証拠のないものを、さもあったかのように記録するわけにはいくまい。

                      韓国や中国こそ、歴史を直視せよ!

                      インチキで御都合主義の歴史観を語るな!世界に広げるな!

                      韓国や中国がその態度を改めない限り、日本の敵と認定します!

                      敵、しね!(σ`д°)べ〜



                      ブー(^0_0^)




                      (^0^)/(^0^)/





                      「保育園落ちた日本死ね」にどうしようもなく漂う牋穗卒境瓩寮蟻痢…の巻

                      0



                        いやはや、ものすごいハシャギっぷり──。

                        どこの誰かも分からない女性が書いたブログがSNSで拡散し、待ってましたとばかりに民主党の山尾志桜里衆院議員が「知っているか?」と安倍首相に質問(注1)。

                        その5日後には、まるで準備していたかのように、十数名が国会前で《保育園落ちたの私だ》とプラカードを掲げてマスコミの取材を受けた。

                        いわゆる「保育園落ちた日本死ね!!!」騒動は、こうして瞬く間に政局化していった。

                        まず断っておきたいが、少子化は国家的大問題だ。

                        ゆえに育児環境を整えて、子供を育てることを社会全体がヘルプしていくことに、真剣に取り組まなくてはいけない。

                        そこには何の異論もない。しかし、この「日本死ね」問題に、諸手を挙げて賛同できないモヤモヤが残るのは、なぜなのか?

                        改めてブログを読んでみると、書き手の彼女は保育園の審査に落ち、仕事を辞めなくてはいけない可能性が出てきた。

                        少子化対策を言うわりに待機児童は減らない。

                        この現状を何とかして欲しい。

                        ……との主張は筋が通っているが、

                        「私活躍出来ねーじゃねーか」「何が少子化だよクソ」「ふざけんな日本」「児童手当20万にしろよ」「子供にかかる費用全てを無償にしろよ」と、知性と品性を全く感じられない罵詈雑言(注2)が並び、あげくタイトルが「日本死ね!!!」である。




                        ■「なんでも日本が悪い」病

                        東京・杉並区の田中裕太郎区議は、自身のブログで怒りを表明した。

                        「『日本死ね』などと書き込む不心得者や、そんな便所の落書きをおだてる愚かなマスコミ、便所の落書きにいちいち振り回される愚かな政治家があとをたちません。事情はどうあれ、『死ね』というほど日本が嫌なら、日本に住まなければ良いのです」

                        田中区議ほどではなくとも、主張の内容以前にヒドイ言葉使いに強い不快感を感じた向きは多かった。

                        確かにインパクトゆえに拡散した側面はあるものの、賛同より多くの反発を食らっては元も子もない。

                        子供たちのために良い環境を残してあげたい思いは、誰しも同じ。

                        ならば、日本が死んでは困るはず。

                        子育て期間のヘルプも大事だが、彼らが大人になった時に経済が崩壊していたり、他国の侵略にさらされている状況で幸福になれるのだろうか。

                        すべての課題についてバランスを取って調整していくのが政治であり、「日本(が)死」なないようにする作業だ。

                        本来、堂々と主張していい議論が、公共性を失って矮小化。

                        自分のみのメリット追及と不貞腐れとしか聞こえない点が、このブログに漂う違和感だ。

                        その醜さは、「私も認可保育園落ちた〜」とすり寄ってきて、政治利用を図る共産党の吉良佳子参院議員の姿にダブる。

                        年収数千万円もあるのだから、落ちるに決まっているだろうに……。

                        これからも子育てに取り組む、この女性ブロガーに次の格言を送りたい。

                        「真に恐れるべきは有能な敵ではなく無能な味方である」(ナポレオン)




                        (1) 首相に質問…「匿名なので、(略)確かめようもない」(安倍首相談)

                        (2) 罵詈雑言…偏差値の低そうなもの言い。

                        (デイリーニュースオンライン発)
















                        日本人なら、どんなに政治や行政に不満があっても「日本死ね」とまでは言わないだろう。

                        言えるのはキムチだから?

                        愛国心がないから?

                        あと、舛添要一は韓国人の学校作るのやめよ!

                        保育所作れ!

                        こいつはなぜか韓国のために精力的に都政を行う。

                        都民不在、韓国人優遇。

                        それに、常態化した超豪華な外遊!

                        いろいろおかしいぞ!

                        舛添要一を都知事のまま野放しにしてはならない。

                        次の都知事選では、必ず落選させねば!

                        良識ある都民よ、決起せよ!

                        朝鮮第一主義者の舛添要一を失職に導け!



                        ブー(^0_0^)




                        (^0^)/(^0^)/




                        さらに、「私だ!」「私だ!」のプラカードを持つババア共よ、おまえらの子供は全部こったね〜よ!

                        バカを産むな!増やすな!






                        calendar
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << October 2017 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recent trackback
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM