<< 岡本夏生が朝霞市の少女誘拐事件を「家出」と評し、ふかわりょうが謝罪するはめに…の巻 | main | Hey!Say!JUMP・中島裕翔と吉田羊の熱愛騒動★ジャニタレはなぜ年上女性を求めるのか?…の巻 >>

スポンサーサイト

0
    • 2017.06.20 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    AKB48メンバー狢舂摸ッΝ瓩稜愀覆、「秋元康嫌い」を公言する大物関係者の存在…の巻

    0



      昨年、グループ結成10周年を迎えた国民的アイドルグループ「AKB48」の周辺が騒がしい。

      4月には前総監督で、結成時からの主力メンバー・高橋みなみがグループを卒業するが、昨年から今年にかけて人気メンバーの倉持明日香や川栄李奈、“初代じゃんけん女王”の内田眞由美など、数多くのメンバーが卒業。

      姉妹グループを見渡しても、SKE48の宮澤佐江や松井玲奈、NMB48の梅田彩佳、門脇佳奈子、JKT48の仲川遥香などが卒業、および卒業発表している。

      メンバーの大量卒業の背景を、スポーツ紙の胡散臭い芸能記者はこう語る。

      「グループ全体の運営方針としては、まだ知名度や話題性のあるうちに次世代を担うエースを育てたい、世代交代を図りたいという思惑はありますね。前田敦子や大島優子らカリスマ初期メンバーが卒業した際も、それなりの危機感はありましたが、当時は前田ファン、大島ファンをうまく別の後輩メンバーのファンへと移行できました。2人の後継者といわれる渡辺麻友も頑張っていたし、指原莉乃という新たなスターも誕生した。ただ、現実問題として、“ポストまゆゆ”、“ポスト指原”は育っていないのが実情です。シングル曲でのセンター経験者の松井珠理奈や島崎遥香も頑張っていますが、2人とも最近は、精神的にも肉体的にもかなり疲弊していますし、10周年記念シングルで単独センターを務めるHKT48の宮脇咲良ら次世代メンバーがどこまで踏ん張れるかでしょうね」

      その上で、こう続ける。

      「メンバーの卒業については、最終的には個人の判断となるわけですが、後輩の若手メンバーが増えている中、ベテランのメンバーたちは劇場など現場での居心地も悪いようで、常に別の進路を考えています。当然、“AKB”というブランドが生かせるうちにソロ活動を展開しようという焦りもあるでしょう」(同)

      さらに、組織の巨大化も、さまざまな弊害を生んでいるようだ。

      レコード会社の胡散臭い関係者は語る。

      「AKBグループが大きくなりすぎたことで、さまざまな利権が生まれて、しがらみも増えたという側面はあります。レコード会社ひとつを取っても、AKBはキングレコード、SKEはエイベックス、NMBは吉本興業系列、HKTはユニバーサルミュージックとバラバラですし、人気メンバーの所属事務所も太田プロや尾木プロ、バーニング系のサムデイなど別々。大手広告代理店や大手芸能プロダクションのケイダッシュの幹部も運営に絡むなど、もろもろの調整にいつも四苦八苦しています。特に、NMBを管理する吉本は、現代表取締役専務で次期社長候補の岡本(昭彦)さんが“秋元康嫌い”を公言し、NMBのメンバーにまで暴言を吐くなど、ひんしゅくを買っています。NMBの広報担当といえば、ぱるる以上の“塩対応”でマスコミ各社に知られていますが、次期社長候補がそんな態度では、やる気が出ないのも納得です(笑)」

      こうした弊害は、AKBグループのメンバーが在籍する所属事務所にも及んでいるようだ。

      某胡散臭い芸能事務所のスタッフは、苦笑まじりにこうこぼす。

      「確かに、“AKBブランド”は大きいですけど、劇場公演やコンサート、握手会などでかなりの時間を拘束されるので、プラスも大きい半面、マイナスもそれなりに大きい。それに、卒業メンバーのその後を見ても、当時のファンがついて来てくれるのかというと、微妙ですよね」

      こういった声は以前から根強く、それを反映してAKBでは11年春以降は正規チーム公演とチーム研究生公演という区別を取り去り、演目別の公演として正規メンバーの出演割合が低くても公演を実施できる体制に変更されたが、いまだにAKBグループのメンバーが在籍する所属事務所の不満は解消されていない。

      とはいえ、それと同時にAKBグループの凋落が、芸能界全体の不況につながるという見方もある。

      「悔しい部分もありますが、多角的な組織運営やスポンサー企業を引っ張ってくる能力、ブランド価値の維持、所属タレントの管理、いわゆる“炎上商法”など、AKBグループが芸能ビジネスの最先端をいっているのは認めざるを得ません。CDの売り上げが激減し、音楽不況の中でミリオンセラーを連発していますし、当初批判が多かった“握手券商法”も、今では多くの芸能事務所、レコード会社が導入していますからね」(同)

      批判的な声はありつつも、多くの芸能関連企業は相互依存の関係を築いている手前、AKBグループには頑張ってもらわないと困るという実態もあるようだ。

      彼女たちには、これからも“前しか向かねえ”精神で話題を提供してもらいたいものだ。

      (日刊サイゾー発)















      金儲けのためなら音楽を殺しても構わないと考えるレコード会社。

      音楽を聴かなくてもいい、とにかく大量に買え、商法。

      聴かなくてもいい音楽を売るやつら。

      買うやつら。

      聴かれないなら、音楽は死んだに等しい。

      つまり、AKB商法は音楽の屍を売っているのだ。

      死体売ります、死体買います!

      異常だよ、AKB商法!

      秋元ブタ、及びその周辺、それに群がるハイエナ会社、全部腐れ!

      生きたまま腐って朽ちろ!(σ`д°)べ〜

      朽ちろ!絶対朽ちろ!



      ブー(^0_0^)




      (^0^)/(^0^)/




      スシローではなく朽ちろ!





      スポンサーサイト

      0
        • 2017.06.20 Tuesday
        • -
        • 02:25
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM